追記 RSS with tsukkomi RSS without tsukkomi

実験的「実験的日記」


Mon, 13 Sep 2021 (令和3年) [長年日記] edit

_ 二回目の新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応

接種当日(金曜)夕方には前回と同じく左腕を上げると肩に痛みを感じるようになっていた。

翌日(土曜)喉が渇いて目が覚めた。熱を測ってみると 37.9 ℃。これに加えて、目がしょぼしょぼするとか、水っぽい鼻水が出るとか、風邪みたいな症状が出た。

9時くらいに再度検温したら 38.1 ℃。この時点でカロナールを服用。 それで楽になったと感じてたが、夕方ボクの顔を見た母には「熱っぽそうな顔色をしている」と指摘された。

日曜日の朝には 37.1℃。腕を上げた時の接種部の痛みもまだある。 午後から断続的にベッドの上。

そして今朝 36.3 ℃。腕を上げた時の接種部の痛みもまだ少しあり、のどにも軽い痛みあり。でも、これでおそらくおしまいだろう。 思いのほか軽く済んでよかった。


Fri, 10 Sep 2021 (令和3年) [長年日記] edit

_ 二回目の新型コロナウイルスワクチン接種

前回と同じ、徒歩五分の内科クリニックで二回目のワクチン接種。 これまた前回と同じく、十時からの枠で予約していて十時をちょっと過ぎたくらいに着いたらその枠の一番最後(十番目)の受付だった。人が集まってる場所で過ごす時間はできる限り短くしたいからね。

前回は感染者数増の真っ只中だったが今回は減少に転じた状況だからか、待合室にいる人は普通の診療の人もけっこういて、前回よりも混んでると感じた。そんなだからか、順調に問診と接種が進んだものの終わったのは十時二十分すぎだった。

前回同様に経過観察のため待合室で十五分ほど待機させられて、順に名前を呼ばれて使ったワクチンのロットナンバーなどが書いてあるシールが貼られた接種券を返してもらっておしまい。自分も含めて、何か起きたという人はなし。

さて、一回目よりもきつくなると言われてる副反応はどんなものか。


Sun, 22 Aug 2021 (令和3年) [長年日記] edit

_ 一回目の新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応

接種した日の夕方に着替えようと腕を上げたら左肩のあたりが痛いことに気づいた。この時点では体温を測ってみることはなぜかしなかった。

その後ちょっと寝てから夜中に出勤し、朝まで PC 作業が普通にできるくらいに何もなく(腕の痛みは続いてたけど)、帰宅してから体温を測ってみると 36.9 ℃。平熱よりはちょっと高め。気になるのは腕の痛みくらいで土曜日は過ぎていった。

そして、本日日曜日。休日出勤せざるを得ない事情があって早朝から事務所で倉庫整理などの軽作業。出勤前に測ると 36.6 ℃。これはもう平熱。 作業中は物を持ち上げたりもしたのだけど腕の痛みはなし、というか「そういえば、腕の痛みはどうなってるんだ ?」と作業が終わってから思い出すくらいに感じなかったので、もしかしたら起きた時点でもう痛みはなくなっていたのかもしれない。


Fri, 20 Aug 2021 (令和3年) [長年日記] edit

_ 一回目の新型コロナウイルスワクチン接種

数年に一度くらい風邪が長引いた時に行ってる、徒歩五分の内科クリニックで一回目のワクチン(ファイザー製)接種。 十時からの枠で予約していて十時をちょっと過ぎたくらいに着いたらその枠の一番最後(十番目)の受付だった。おや、十時までに来場することって書いてあったかな ?

普段と同じくらいの人が待合室にいるなと思っていたらほとんど全員がワクチン接種の人で、先生による問診と看護師さんによる接種が順調に進んで十時十五分くらいにはボクも接種完了した。経過観察のため待合室で十五分ほど待機させられて、順に名前を呼ばれて使ったワクチンのロットナンバーなどが書いてあるシールが貼られた接種券を返してもらっておしまい。二回目は三週間後の九月十日。

家から徒歩五分の行き慣れた場所で、待機列も混雑もなく接種できるのは本当に楽で助かる。気になるのは副反応だけど、さてどうなるか。

そうそう、待合室にいる間に風疹の抗体検査とワクチンについてのポスターを見て、市からクーポンが届いてたことを思い出した。実のところ、接種予約を取った時(先月下旬)にも思い出してワクチン接種の前に行っておこうと考えてたのに忘れてた。


追記